--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-04-25

「意志あるデータベース」という誤訳

Intentionに関して、高広伯彦さんが、John Battelleの著書 "The Search"(邦題はザ・サーチ)の邦訳において誤訳があると指摘している。"The Database of Intentions"に「意志あるデータベース」という語を当てたことに異を唱えたのだ。「意志あるデータベース」は、第一章のタイトルであり、この本の中心テーマでもある。高広さんは、「意志あるデータベース」という言葉に接して「データベースそのものが意志をもつわけではない」、「まるで人工知能か何かのように」訳されているから誤りであると言っている。 そして、その証拠としてJohn Battelle自身のブログから、The Database of Intentionsの定義を引用して、この定義からすると「意志の(集まった)データベース」とするのが正しい、と断じた。「データベースが意志をもつ」なら確かに誤りなのだが、私は「意志あるデータベース」はその操作的な定義さえ正しければ、「意志のデータベース」の代替表現としても認められるのではないか(かなり苦しいが)、と思っていたので、そのあたりの本質的な誤りがあるのか否かちょっと気になって調べた。

引用を再掲すると;
The Database of Intentions is simply this: The aggregate results of every search ever entered, every result list ever tendered, and every path taken as a result. It lives in many places, but three or four places in particular hold a massive amount of this data (ie MSN, Google, and Yahoo). This information represents, in aggregate form, a place holder for the intentions of humankind - a massive database of desires, needs, wants, and likes that can be discovered, supoenaed, archived, tracked, and exploited to all sorts of ends.

原典を持っていないので、上の定義がそのまま著書に出てくるかどうか再度確認が必要なのだが、日本語版p15でほぼそのまま同じ文章を訳したのではないか、と思われる箇所がある。

すなわち;
意志あるデータベースとはつまり、実施された検索、結果として出てくるリスト、たどったパスの総体である。この意志を持つデータベースはどのサーバーにもあるが、中でもAOL、グーグル、MSN、ヤフーのデータは膨大で、すべてを合わせるとその情報は、ウェイブ文化発祥以来のリアルタイムの歴史を見せてくれる。あらゆる欲望・要求・願望・好み選択がクリックの大河となって殺到し、発見され、召還され、補完され、探知され、さまざまに活用され、そしてデータベース化される。(強調筆者) 確かに「意志を持つデータベース」と訳されている。原文を見ると、"It lives in many places"のItだ。誤解にもとずいて意訳されている可能性が極めて高い。だから、高広さんの指摘は正しかったのだ。確かにデータベースそのものは意志をもつわけではない、そして人工知能そのものではない。ただ、Battelleは「意志のデータベース」を素材として検索エンジンは人工知能になり得る、と考えている。

それにしても、翻訳という作業は大変だなあ、と改めて思った次第。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。