--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-05-24

Google Notebookのイマイチなところ

前にポストしたように、Google Notebookは自分用のメモとして、すこぶる使い勝手のいいものだ。

そして、ソーシャルブックマークのように、不特定多数の人に自分の意見、コメント、紹介文付きで公開することも可能だ。

だが、この手の情報は、不特定多数でなく、自分の身内や仲間、といった特定の人とシェアしたいと思うことが多い。

Google Notebookには今のところその機能はついておらず、将来的にそのような拡張がなされるかどうかは不明。

Zoho Planner
はそのような機能を搭載しており、仲間と情報をシェアするのに都合のいい、シンプルなノートである。To Doリスト、Note、ファイルなど、いろいろなものを共有するのに向いている。

Zohoも軽くて使い方も難しくなく、ナイスではあるが、Googleのように、Webを見ながらのNote takingが前提となっておらず、URLが自動入力されることはない。

つまり、Google NotebookはWeb Pageを見ながら思いついたことを素早くメモするということに向いていて、なにかまとまったテーマでネットから情報収集し、備忘録に仕立て上げるには最強のソフトであると言える。だから、これにシェアを入れることができたらとても嬉しいのである。

もちろん、Google Notebookのコンテンツを別のメール連動ソフトからImportできればそれで代用できるかもしれないのだが、そうやって手間を増やしたくはないのである。知的生産のツールというのは、作業をできるだけ簡素化して、思考の流れを妨げないようにすることが肝要なのだ。

だから、Google Notebookにシェア機能をつけたものを誰かが作ってくれたら(あるいはGoogleが機能拡張してくれたら)とても幸せなのだが。
スポンサーサイト

2006-05-24

Google Notebookの問題点

Google Notebookを使い始めた。

すこぶる快適だ。webを見ていて思いついたことがその場でメモできるのはとてもありがたい。これまでは、はてなやdeli.coiu.usのブックマークに登録しておき、今日はどこに行っただろうかと思い出せても、そのときに考えたことは後回しにするか、どうしてもその場で書きたければメモ帳のようなものを別に開く必要があった。

このようなサービスの類例は知らない。メモというものは思いついたことをどれだけすばやく記録できるかにかかっている。だから、立ち上げに時間がかかってはいけない。軽快さは何にも増して重要である。

Google Notebookの軽快さは、Firefoxのアドインとしてミニノートで使うときに発揮される。クリック一発(もしくマウスの右クリックから Note thisを選ぶ)ことによってすぐに書き込める。

Notebookの優れた点は、見ているページのURLが自動的に記録されている点である。これはブックマークキラーになるかもしれない。また、将来Google自身がブックマークサービスを始める際、Notebookとの連動をとればこれは、他のサービスをReplaceする強力な動機になる。

通常のBookmarkサービスと異なる点は、tagの入力がないことである。これは、Googleらしさだと私は思う。全文検索をやればいいわけだから、文章をベースとするNotebookであえてtagにこだわる必要はない。とくにはてなの場合、tagとして新しい言葉を入れるときに括弧 ”[]”をつけて入力することがとてもわずらわしく感じられる。特に日本語タグを入れる場合、”[ ]”を入力するためにわざわざモードの切り替え(私の場合はATOKを使っていて、「」と入力して返還前にF10を押している。

こうしたちょっとしたことが、すばやく記録したい、効率的にものごとを進めたいというときに、心理的には大きな負担になる。

その点、Google Notebookにも問題がある。Google Notebookは複数のノートブックを作って切り替え可能なのである。だが、いったん書き込んだアイテムを別のノートに移項するのに手間がかかる。

分類してから書き込むか、書いてから分類するか、ということについては、私は圧倒的に後者を好む。まず、頭にあることを吐き出す。そして吐き出したものをどの項目(Note Book)に入れ込むかという順序にしたいのだ。だが、Google Notebookは(少なくとも現在の標準仕様では、まず、書き込むべきNotebookを先に選んでから書き込まねばならない。
これはなんとかしてほしい。Google Calendarでイベントを記入するときに、どのカレンダーに記録するかを書くと同時に決められる。これと同じことがやりたいわけである。

分類してから(ノートを選んでから)書き込むことを好む人には、何の問題もならないだろう。そういう人にはお勧めできるツールだと思った。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。