--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-10-18

Google Transitのサービスが開始された

10月18日から、Googleは、携帯電話を使った乗り換え案内サービスを開始した。Googleらしく、ユーザーは無料で利用できる。

Google としては検索、乗り換え、ローカルといった複合サービスであるGoogle Mobileの一要素としての提供となる。乗り換え案内を使っていない人にとって、このサービスが付加されたことは福音だろう。「駅すぱあと」のクレジット表示がみられる。

私は、PC、携帯電話を問わず、乗り換えサービスを比較的頻繁に使う。乗り換え時間を調べることは、公私ともに時間を有効に使うという観点から欠かせないものになっている。

そこで、早速Google Transitを使ってみた。これを使う限り、まあまあこんなものかと思う。入力の要素は、出発駅、到着駅、時刻の種類(出発、到着、最終電車)の選択、時刻の4要素である。

出てきた結果によって、表示の優先順位を所要時間、利用料金、乗り換え回数の中から選択したり、有料特急の利用有無を選ぶなどにより、より詳しい結果が可能になっている。

必要充分な入力、結果の一覧性など、実用に充分耐えうるものだ。

欠点をあげるとすれば、時刻の入力である。発駅、着駅が全角文字の入力であるのに対し、時刻は数字の入力になる。そのフィールドにフォーカスが移っても、自動的に数字の入力に切り替えてくれない。文字種を漢字から数字に切り替えるのはかなり面倒である。

特別に欠陥と言うほどの欠陥はないにもかかわらず、私はこのGoogle Transitを使うことはないだろう。サクッと乗り換えDXのサービスを利用しているからだ。

決定的に違う点は、時刻の入力方式、発着駅が、リストの中から選択できるようになっている点である。発着駅は初めて検索する駅については文字入力または、近隣の駅をサーチしてその中から選択するが、過去に検索をかけたものは残っており、リスト化されてプルダウンメニューから選べるのである。

この手間の違いは、少なくとも私にとっては極めて大きな差である。有料サービスだけあって、サクッと乗り換えの方は、Google Transitにない機能もあるが、私がお金を払ってもこちらを使い続けたい最大の理由は、入力の手数の差である。

ローカル検索と乗り換えが結びついているのが、Google Transitのアドバンデージである。しかし、ローカル検索を使うことがあまりない私にとって、今のところそのアドバンテージに大きな意味はない。

Google Transitもバージョンアップを重ねて、使い勝手が良くなるかも知れない。そうすれば、ローカル検索とのカップリング、無料といったアドバンテージが奏功する。その日はいつだろうか。

10/21追記
このエントリーをポストした直後、駅で使ってみた。その際、時刻入力欄を空欄にしたまま、発駅、着駅のみ記入して検索をかけたら、想像通り、現時刻による検索となった。便利だ。
スポンサーサイト

2006-10-18

「第二の経済」と電網共産主義というコトバ

山崎秀夫さんが、電網共産主義というコトバを使っておられる。

Googleの各種サービスに代表されるように、今や、消費者にとって、サービスやコンテンツが無料をベースとしたものとなっている。その原資は広告であり、APIの公開などにより、拡張サービス、発展的コンテンツが多人数のボランティアによって支えられるというダイナミクスを指したものだ。

Lawrence Lessigの記事にある第二の経済と同義と考えて良いだろう。

だがこのコトバには、ネットワークの(いわゆるWeb2.0)のコミュニティのパワーを連想させるインパクトがある、という点で優れている。だから感覚として「腑に落ちる」ものがある。

アカデミックな立場からの用語として異論があるかもしれないが、ジャーナリスティックな、またはコミュニケーションの立場からは、適切なコトバのように思われる。

2006-10-18

ソーシャルブックマークをプライベートに使う

ソーシャルブックマークは、一長一短で、私にとってこれでOKというものはまだ存在しない。

Google Notebookは、仲間と情報のシェアがしにくいのでやめてしまった。はてなブックマークも同じ理由で使用を休止している。

del.icio.usは、ソーシャルブックマークでなく、プライベートブックマークとして利用している。どういうことかというと、FirefoxでいうところのBookmarkと同じ意味合いで利用しているのだ。50ばかりのよく訪問するサイトだけを登録しておき、そのどれかを見たいときに利用する、ある種のポータルである。

RSS ReaderとしてLivedoor Readerを使っているが、にもかかわらずdel.icio.usを併用する理由は、相手から与えられた情報をきっかけとした訪問でなく、自分から訪問したいという事情がある場合のスタートポイントとして利用するからである。

検索で、ついでの検索、取りかかる検索という分類をしたが、ソーシャルブックマークについても言えるようだ。受動的、能動的という一般用語の方がふさわしいかもしれない。

では、なぜ、ブラウザのBookmarkやPreferenceではなく、del.icio.usを使うのか。

del.icio.usでは、基本的に人を中心としたリストを作っている。「何の情報」は検索が受け持ち、「誰の情報」は、ソーシャルブックマークが受け持つという状況である。del.icio.usには、従って誰それのブログ、とか誰それのサイト、とかを並べておき記事単位での参照は原則としてしていない。

記事単位での記録は、blue.dotを使っているがその利用の仕方やついては項を改めて述べる。

ブラウザのBookmarkも使っている。del.icio.usは棲み分けをしているのだ。まず、ブラウザのBookmarkは頻繁に使うツール類、たとえば「駅探」などを登録しているが、それら以外でブラウザのブックマークを使うことはほとんど無くなってしまった。

ブラウザのブックマークは、一覧性、視認性という点でソーシャルブックマークに劣る。プルダウン式のメニューはどんどん追加してゆくと、あとで整理するのが面倒になる。フォルダを作って構造化してゆくのも面倒だしわかりにくい。

del.icio.usをソーシャルブックマークとして利用せず、プライベートブックマークとして利用しているというのは、妥協の産物である。将来参照先が増えたときに、tagで検索をかけることもできるし、追加もそこそこ気楽、必要とあらばtagで検索も欠けられる。

気分としては仕事場の本棚を一部公開しているようなものである。だから、他人、とくにお子ちゃまがずかずかと入って来にくい海外のdel.icio.usに日本語をどんどこ使って編集している。

追記:その後、Google NotebookでShareの機能が追加になった。今後はこちらに再度戻ることを検討している。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。