--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-06-07

Google Spreadsheet を使ってみた

Tryoutを申し込んでから半日以上を経過して、Google Spreadsheetのinvitationが来た。詳しいレビューはそのうちユーザー諸氏によってなされるだろうが、とりあえずfirst impressionを記しておく。6月7日現在、versionは1.1.4である。インポートはまだ試しておらず、どの程度Excelと互換性が取れるか、実用的かはわからない。(Excelで作った重いものを読み込んで修正するのは、心理的に抵抗がある。あくまで、小さな表をWebベースで作ってシェアするというのが私の使い方の想定である。)

先ず知りたかったのは、日本語が通るかどうか。
Google Spreadsheetの競合となるZoho Spreadsheetは(少なくともデフォルトでは)日本語が通らないのが残念で、セルに入力後「???」と表示される。インポートすると文字化けするのである。なお、全体的にはZohoのほうが機能的には優れている。ただし、Zohoは安定性に難がある、というのが私の感想である。

Google Spreadsheetでは日本語は無事通ることが確認された。ただし、入力の際、英語なら次々と入力されていくが、日本語の場合、入力するセルで一旦Enter(もしくは左クリック)をいちいち押す必要がある。大量に日本語を入力するのには向いていない。(オフラインベースで作業してから、オンラインにしてセーブできるかどうかはまだ試していない。)

Google SpreadsheetはWebベースのアプリケーションだから、当然動作は遅くなる。それを補う意味で、Spreadsheetを3つのモードに振り分けている。その3つとはFormat、Sort、Formulaである。

Formatは主として入力し、形式を整えるモード。ここでフォントの大きさ、種類や色、セルの結合などを指定する。そして、Sort(並び替え)でデータの順序を整え、Formulaで関数指定を行い計算させる。この作業の流れはとても素直なもので、作業効率(とくに心理的に)を損ねずに表計算ができる。

ユーザーインターフェースは、よく工夫されており、Excel等の表計算を使った経験のある人なら、上記の3つのモードを意識さえすれば、ほとんどhelpなしに移行できると思われる。

関数は充実していて、Excelと較べてもほぼ遜色ないレベルだと思われる。

Graphはどうかと思ったが、helpでgraphを検索しても引っかからないところから、今のところ対応していないようである。

安定性はどうだろうか。動作がもっさりしていることと関係しているのだが、入力するたびにアップデートしている。その意味では、表全体を削除してしまわない限り変更は失われない。だから、既存の表を修正する場合、あらかじめ別の名前をつけて作業をすすめれば万全だろう。ただ、私のブラウザはFirefoxの1.5だが、ブラウザの「戻る」などを押すと、作業が損なわれてしまう。

Google Spreadsheetは、小人数でのシェアはあるが、不特定多数に公開する機能は今のところない。

以上の事実をベースにまとめてみると、
・簡単な表をつくるなら、何の問題もない。Webベースで行うための工夫がなされている。
・インターフェースも工夫されていて、とても使いやすい
・あくまで表計算であり、ワープロ的な使い方など、日本語を多く入力する必要のあるものは向いていない。
・グラフは作成できない
・シェアできる。ただし、一般公開はできない
・安定性、信頼性は今のところ合格点だと思われる

このSpreadsheetが無料である、ということは衝撃である。ビジネスでExcelを多用している人はともかく、Home useとして考えるなら、大枚をはたいてExcelを買うかどうか、少なくとも大いに悩むレベルに来ている。オフラインならOpenOfficeOrgという高機能のSuiteが手に入るわけだし、Microsoftはつらい時代に入ったことは間違いない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bun045.blog63.fc2.com/tb.php/10-d30f08ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。