--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-10-11

Google Docs & Spreadsheets

Googleサービスのバージョンアップは、大概サプライズである。別々だったWritely と Google Spreadsheetsの融合も例外ではなかった。私が使っているFirefoxのWritelyのタブが一瞬見慣れない文字に変わっていたのだ。(ただし、ロゴは変わっていなかったけれど)

かなり乱暴な物言いを承知で、Google Docs & Spreadsheetsを一言で表せばOpen Office Orgのオンライン版である。Open Office Orgの長所を生かし、短所を克服した製品であるとも言える。Open Officeの長所とは、DocumentソフトとSpreadSheetが別物でなく、(少なくとも感覚的に)シームレスに行き来できることである。そして、短所--OOO(Staroffice) 開発者コミュニティの立場からすれば、設計思想の差ではあるだろうが--である、Webベースのアプリケーションになっていないことである。残念ながらプレゼンテーション作成ソフトは付属していないが、コラボレーションという文書作成方法との親和性からすると、いわゆるワープロ、表計算が先に来るのは止むを得ないだろう。

すでに指摘されているように、Google Docs & SpreadsheetsをMicrosoft Officeの豊富な機能と比較しても詮無いことである。コラボレーションで進めるべきは、内容の共有、分担であって、装飾という最後のポリッシュはMS Officeのような満艦飾のソフトが受け持てばよい。それも、もし必要なら、またはGoogle Docs & Spreadsheetの機能では不満ならと言う条件付きで。

誰と一緒に仕事するかを決めた上で、その文書に対して変化があればRSSで知らせられるし、 Emailも気楽にできる。 この、Emailが気楽にできるというのは極めて重要である。

WebMailであるかないかにかかわらず、これまでは、文書を「添付する」という作業が必要だった。それを添付と言う作業を省略して送ることが可能で、受け取ったものをすらすらと改変できるというのは、気持ちの上からも生産性向上を後押ししてくれる。 一つだけ、面白いと思ったボタンが、Quoteである。文書を作成したら、あまり長くない段落のところにカーソルを置いて、スタイルのボタンの左、”Remove Formatting”から数えて5つめのアイコンをクリックしいただきたい。結果は見てのお楽しみ。

なお、1バイトコード中心に考えられているらしく、語数をカウントさせてみると齟齬が起きる。因みにこの文書の語数はわずか25語だそうだ。(文字数は1094で、そんなものかと思うが。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bun045.blog63.fc2.com/tb.php/11-464ad076

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。